用途に合わせてチラシを使い分けよう

用途に合わせてチラシを使い分けよう

チラシと一口に言っても様々な種類があります。代表的なチラシの活用方法を把握しておくことで、広告戦略に役立てることができるでしょう。

ビラ

ビラとは、一色で刷られた広告媒体のことです。薄めの紙が使用されており、街中で配られていることが多いです。できるだけ多くの数を配ることを目的としているので、質よりも量を優先して作成されます。新店舗のオープンやイベントの開催など、より多くの方に情報を伝えて集客したい場合に活用できます。

折り込みチラシ

折り込みチラシ

チラシの大きさはA4サイズからB5サイズが代表的なサイズとなっており、新聞に挟まれているチラシの多くは、この大きさが採用されています。
折り込みチラシは折り畳んで入れることも可能なので、特大サイズを扱うことができる点はメリットと言えるでしょう。また、一軒ずつ個人宅のポストに入れているポスティングチラシは、新聞購読者以外の方にもチラシを届けることができるというメリットがあります。
ターゲットを絞って重点的にチラシを配ることによって、低価格で集客することができるでしょう。

フライヤー

フライヤーはチラシの用途と同じものですが、凝った装飾やラメ入りの紙を使用していることがフライヤーならではの特徴です。主にA6サイズが使用されており、新聞の折り込みチラシのサイズよりも小さいサイズが利用されています。ライブやイベントなど場所や地域を絞った宣伝に活用することによって、効率よく集客することができます。

顧客の心を掴むためには、デザインも重要になってきます。チラシ制作に不安を抱えているのであれば、デザインからチラシ印刷まで全てプロにお任せ下さい。プロにお任せいただければ、魅力的なチラシを制作することができます。

神奈川県でデザインからチラシ印刷までを一括して依頼したいという方は、カワハラプリントをご利用下さい。カワハラプリントでは、高品質で低価格なサービスを提供しています。納品したデータは一定期間保管しているので、簡単に増刷することも可能です。チラシ印刷や納期について気になる点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

トップページに戻る

当社がお客さまに選ばれる理由

商品のご案内
企業さま
学校関係者さま
個人さま

お見積りフォーム

データ入稿について

納品までの流れ

 - 定休日
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31